TOPファクタリングとは

ここでは、比較的新しい金融サービスである「ファクタリング」について解説します。

ファクタリングとは

ファクタリング(factoring)とは、企業から売掛債権(売掛金)を買い取り、債権の管理や回収業務を行う金融サービスです。

お客様がお持ちの売掛金をファクタリング会社に売却することで、先の入金を待たずとも、すぐに現金を手にすることができます。

ファクタリングの仕組み

お客様に入金待ちの売掛金がある場合、ファクタリング会社は、リスクに応じてその売掛金が買い取り可能かどうか、また買い取るとして金額がいくらになるかを査定します。

審査が通り、ファクタリング会社が売掛金を買い取った場合、お客様は現金を手にします。

売掛債権はファクタリング会社に譲渡されますので、取引先から売掛金が支払われた場合は、ファクタリング会社が回収します。

万が一ファクタリングの実行後に取引先が売掛金を支払い不能になったとしても、ファクタリング会社が損失をすべて被るため、お客様に支払い義務はございません。

ファクタリングには、二社間取引と三社間取引があります。

二社間取引

ファクタリングサービスにおいて、幅広い業種に利用されるのは、二社間取引です。

二社間取引

仕組みを簡単に説明すると、以下の通りです。

  1. お客様と取引先との間で売掛金が発生します。
  2. ファクタリング契約に基づき、売掛金の一部、もしくは全額を、ファクタリング会社が買い取ります(資金調達完了)。
  3. 取引先が売掛金をお客様に支払います。
  4. お客様が売掛金を回収したら、ファクタリング会社に振り込みをします。

二社間取引の場合、取引先にファクタリングの利用を知られることはありません。

お客様が売掛金を回収したら、ファクタリング会社に譲渡した金額分を速やかにファクタリング会社に振り込む必要があります。

この際、ファクタリングは融資とは異なるため、分割返済や、滞納の交渉はできません。

三社間取引

ファクタリングでは、三社間取引というものもあります。

こちらは、

  1. お客様
  2. 取引先
  3. ファクタリング会社

の三社でファクタリング契約を交わすことで、取引先企業から直接ファクタリング会社に売掛金を支払うようにしてもらうというものです。

三社間取引

  1. お客様と取引先との間で売掛金が発生します。
  2. お客様、取引先、ファクタリング会社でファクタリング契約を結びます。
  3. 売掛金の一部、もしくは全額を、ファクタリング会社が買い取ります(資金調達完了)。
  4. 取引先が、売掛金をファクタリング会社に直接振り込みます。

三社間取引を実行した場合は、売掛先企業も当然ファクタリングを実行した事がわかります。

ただし、回収リスクが減る分、ファクタリングの手数料が安くなります。

担保・保証人について

ファクタリングは銀行融資とは異なり、万が一売掛先企業が支払不能になったとしても、お客様には何ら支払い義務は生じません。

このため、ファクタリングの利用においては、担保や保証人を用意する必要がございません。

※二社間取引の場合は、利用者が売掛金を回収したのにファクタリング会社に振り込まないというリスクがつきまとうため、不正に対する保全策として売掛金の担保を取る場合がございます。ただしこの場合も、売掛先が支払い不能になった場合はお客様に支払い義務は生じません。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングにはメリットとデメリットが存在します。

メリットとしては以下の通りです。

  • 資金調達が完了するまでの期間が短い(最短即日~3営業日)
  • 二社間取引の場合、売掛先企業にファクタリングの実行を知られることがない
  • 信用情報に影響しない(負債が増えない)
  • 銀行融資に比べて、審査が易しい
  • 売掛先企業が支払い不能になっても、支払い義務がない
  • 担保・保証人を用意する必要がない

デメリットとしては以下の通りです。

  • 銀行融資に比べて手数料が高くなることが多い
  • 調達できる金額が限られている(売掛金の範囲内)
  • 分割返済、滞納ができない

融資とファクタリングによる資金調達では、長所と短所の性質が異なります。

ご不明点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

ファクタリングと銀行融資の違い

ファクタリングは売掛債権の売却(資産の現金化)ですので、借入(負債の増加)とは違います。このため、ファクタリングと銀行融資では審査基準も異なります。

具体的には、ファクタリングにおける審査は、主に売掛金がきちんと支払われるかどうかというものになります。

  • 売掛先企業の経営・運営実態はあるのか
  • 売掛金は架空に作られたものではないのか
  • 売掛先企業との間で交わされた契約書は実在しているか
  • 過去から継続して取引先企業との取引が確認できるか
  • 売掛金は期日通り支払われているのか、延滞などはないか

二社間取引の場合は、上記に加えて

  • 売掛金の回収までにお客様の企業が存続できるかどうか

という審査になります。

一方で融資を受ける際に重要視されるのは、主に融資先企業が返済可能かどうかです。

  • 融資先の企業のビジネスは将来的に収益を生むかどうか
  • 会社の財務状況はどうか、税金の滞納や他からの借入はないか
  • 担保・保証人を用意できるか、その質はどうか

といった要素になります。

ファクタリングの場合は、売掛金の回収までに会社が存続できるかどうかという短いスパンでの審査であり、また銀行融資と違って、メインの審査は売掛先企業がしっかりしているかどうかというものになります。

審査基準がそれぞれ異なるため、赤字経営の企業や、創業時の企業で融資が通らない場合も、審査次第ではファクタリングによる資金調達が可能になるかもしれません。

以下にファクタリングと銀行融資の違いをまとめます。

ファクタリング銀行融資
調達スピード最短即日~3営業日場合によっては数週間かかる
手数料・金利買い取りした売掛金の額に対して2%~20%(リスク度により変動)融資金額に対して年利2%~18%
審査で重要視売掛先企業の信用融資先企業の信用、担保の信用
担保・保証人設定不可必要な場合あり
返済方法一括(分割不可)分割可能
延滞不可(売掛金を回収したのに支払わないのは契約違反となります)交渉の余地あり
会計処理資産の現金化負債の増加

 


 

[clink url=”https://factbank.jp/about-factoring-1/scene”][clink url=”https://factbank.jp/about-factoring-1/flow”][clink url=”https://factbank.jp/about-factoring-1/why-factbank”]

いますぐ査定
電話で問い合わせ
LINEで問い合わせ