TOPサービス紹介

ファクタリングは、大きく分けると2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つがあります。

それぞれを説明すると共に、医療・介護事業者向けの特殊な3社間ファクタリングもございますのでご紹介致します。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリングとは、お客様と弊社のみで売掛金の買取契約を結ぶものです。

取引先にファクタリングの利用を知られたくない場合には、2社間がおすすめです。

二社間取引

画像の数字と照らし合わせて、以下にサービスの流れを記載します。

  1. お客様と取引先との間で売掛金が発生します。
  2. ファクタリング契約に基づき、売掛金の一部、もしくは全額を、ファクタリング会社が買い取ります(資金調達完了)。
  3. 取引先が売掛金をお客様に支払います。
  4. お客様が売掛金を回収したら、ファクタリング会社に振り込みをします。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、取引先も交えて売掛金の買取契約を交わします。

三社間取引

2社間と3社間の違いとしては、売掛金が取引先からファクタリング会社へと、直接支払われることです。

画像の数字と照らし合わせて、以下にサービスの流れを記載します。

  1. お客様と取引先との間で売掛金が発生します。
  2. お客様、取引先、ファクタリング会社でファクタリング契約を結びます。
  3. 売掛金の一部、もしくは全額を、ファクタリング会社が買い取ります(資金調達完了)。
  4. 取引先が、売掛金をファクタリング会社に直接振り込みます。

三社間取引を実行した場合は、売掛先企業も当然ファクタリングを実行した事がわかります。ただし、回収リスクが減る分、ファクタリングの手数料が安くなります。

医療・介護事業者向けのファクタリング

社保や国保に診療報酬など請求をする介護事業者、医療機関、調剤薬局は、社保または国保との間で3社間ファクタリングの契約が可能です。

医療・介護事業者向けファクタリング

買取ができるのは、社保または国保に請求する、診療報酬債権、調剤報酬債権、介護報酬債権です。

お申込みいただけるのは、医療機関・調剤薬局・介護事業者様となります。

いますぐ査定
電話で問い合わせ
LINEで問い合わせ