請求書を提出するだけでファクタリングが可能なのか、疑問に思う方もいらっしゃると思います。

当記事ではそんなファクタリングの提出資料について解説します。

請求書のみの資料でファクタリングは可能か

結論から書くと、請求書のみを見て債権を買い取ってくれるファクタリング会社はほぼいません。

請求書というのは、ファクタリングの申込者側で好きに作成することができるものです。

  • 一度も取引がない会社への請求書を作成
  • 過去に取引はあるが仕事を受けていないのに請求書を作成
  • 仕事を受けてはいるが請求書の金額を水増しして作成

このように、偽造した請求書をファクタリング会社に提出することはいくらでも可能です。

当然ファクタリング会社も請求書の偽造というのは想定しておりますので、さすがに請求書のみでは買取はできません。

ファクタリング会社が行う債権の実態確認調査

請求書に書かれている債権が本当にあるという事を裏付けるために、ファクタリング会社は実態調査を行います。

審査の部分なので詳しくは書けませんが、ファクタリングの依頼者が偽造できる余地が少ない資料をもらい、確認を行っていきます。

だいたいどこの会社も調査する項目は同じですが、どこまで確認できれば良しとするかは、各社バラツキがあります。

また、調査により債権が存在することが確認できたからといって、ファクタリング会社が絶対に買うかと言われればそうではありません。むしろ申込者側の債権が本当にあるということは大前提で、すべての情報を総合的に見て買うか買わないかの判断をする部分こそが審査の肝となります。

また、審査を簡略化して債権買取率を上げている会社は、その分偽造の可能性が高い債権も買っているということになりますので、手数料を高めに設定するか、買取をする枠を下げるという方向で帳尻を合わせている可能性があります。

まとめ

以上のことから、偽造の余地がある請求書のみを見て債権を買い取ってくれるファクタリング会社はほぼありません。

どこの会社も、請求書以外の資料を集めて債権の実態調査をしますし、簡略化する場合は手数料を上げるか、枠を減らすといった対策をします。

ファクトバンクの審査は、実態調査をきちんと行った上でなるべく手数料を抑えて買い取るという方針を取っております。審査はスピード感を持って行いますので、是非お申し込みお待ちしております。

ファクトバンク: https://factbank.jp